ウォシュレットトイレで水漏れ!まずチェックすること

家の中の水回りは色々なトラブルが起こりやすい場所です。水が詰まったり、流れにくくなることもありますし、水があふれだしたり、水漏れが発生したりすることもあります。素早くトラブルを解決するために、簡単な修理方法などを確かめておくと安心です。ウォッシュレットトイレは何年かすると新しい機種が出てくるので、自分の使っているタイプの部品が取り寄せできるか確認するため、製造番号をチェックしておくことも大切です。

■一般のトイレとウォシュレットタイプの違い

一般のトイレで水漏れが発生した場合、原因を突き止めることが大事ですが、素人ではどこをどのように修理したらよいかわからないことがあります。応急処置として、止水栓を閉めて止めるという作業が必要になります。ウォシュレットタイプも同じく、水漏れ時には応急処置が必要ですが、電気系統も使っているので、感電の危険性があります。それで止水栓を閉めるのと同時に、トイレのコンセントも抜いておく、という処置を忘れないようにします。
一般的に壁に接続されているリモコンの電池も確認します。電池が切れてパネルが反応しないだけ、ということもあります。電池交換をしてもう一度パネルを操作すると、正常に起動する場合もあります。

■ウォシュレットの水漏れチェック

ウォシュレット 水漏れはいくつかの要素が関係していることがあります。例えば、ウォッシュノズルの水が止まらないとか、水の勢いが弱いということがあります。ウォッシュレットトイレで利用されている、リモコンの電池が切れていないか確認しましょう。リモコンを使ってノズルを使ったものの、ノズルが戻らなくなっているだけかもしれません。トイレの機能によっては、定期的にノズルから水が出て掃除してくれるものもあります。トイレの取り扱い説明書で確認します。
フィルター部やノズル部のつまりが原因で、水漏れを引き起こす場合もあります。分解して清掃することで改善することもあるので、そういったお手入れについても説明書を見て確認しましょう。

■まとめ
ウォッシュレットタイプのトイレは、いくつかの原因が複合的に関係して、水漏れを引き起こすことがあります。ウォシュレット 水漏れは、一般のものより判断しにくいので、目視でチェックして、分からない場合はとりあえず止水栓を閉めます。その際に感電を防ぐために、コンセントも抜いておきます。そのあといくつかの項目をチェックします。トラブルが発生する前に、トイレの取り扱い説明書を見て、エラー発生時の対処方法を確認しておくことも大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ