トイレの水漏れを自分で直す方法

トイレ 水漏れは、一刻も早く修理しなければならない場所です。毎日使う上に排水部は汚水が流れているため、ニオイも気になるところです。日ごろの使い方に気を付けて、万が一水漏れが発生しても、ある程度自分で簡単に点検できるようになっておくと便利です。

■日ごろの使い方をチェック

毎日使う場所だからこそ、メンテナンスをすることは大切です。トイレの給水管を見て、水滴がついているか、乾燥しているか確かめます。毎日水滴がついている状態は、配管の機能を弱めてしまう可能性があります。窓を開けて換気する、給水管を拭くなどして清潔な状態を保ちます。
トイレにはティッシュペーパー以外のものを流さないように気を付けます。水の流れ方がいつもより悪い、または遅いと感じるなら、ラバーカップを使って便器のつまりを解消しましょう。市販の洗剤を使って、定期的に掃除することも大切です。
最近のトイレは、多機能のものが多く、人がいない間に自動で除菌、洗浄したりする機能がついているものがあります。トイレのフチがなくなり、見えにくいところも清掃しやすくなっているタイプもあります。

■簡単な点検の仕方

トイレ 水漏れが発生したかな、と感じたらまずどこから水漏れが発生しているか、チェックします。すぐわかる原因もあれば、そうでないものもあります。場所が分からなかったり、大量の水で床が濡れていたりするならば、まずは止水栓を閉めて水を止めます。止水栓は給水管の接続部にあり、タンク付きのトイレなら、タンク付近に設置されています。
配管部から水漏れをしている場合なら、どの場所から水がポタポタと落ちているかよく見ます。よくあるのは給水管のボルト接続部などです。この場合、ボルトのゆるみや、接続部のパッキンが古くなってきちんとしまらなくなっていることが原因です。部品交換をすれば水漏れが止まることもあります。
タンク付きの場合は、タンク内の部品の劣化が原因で水が止まらなくなったり、水漏れが発生することがあります。

■まとめ
日ごろの使い方を工夫して、トイレのトラブルを最小限に抑えたいものです。清掃を定期的に行い、水漏れにつながるようなものを流さないようにしましょう。水漏れが発生したら、どこが原因なのかよく確認します。床が濡れてしまうなど、大きな問題にならないように先に止水栓を探して、水を止める処置も重要です。そのあと原因を突き止め、自分で修理するか業者に依頼するか決めます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ